レビトラは食事の影響をうけにくい?

ED治療薬のレビトラは食事やお酒の影響を受けにくくなっている?

レビトラは食事の影響を受けるのか

レビトラは食事の影響を受ける?

レビトラは食事の影響を受けるので、バイアグラと同様に空腹時に服用するのがよいです。

ED治療薬で食事の影響をほとんど受けないとされるのはシアリスのみであり、それ以外は空腹時の服用が好ましいでしょう。

食事には少なからず油分が含まれており、この油分が薬剤の吸収を鈍くしてしまうのです。

胃腸薬、風邪薬などは胃腸を保護する意味でも食後が好ましいとされますが、ED治療薬全般は空腹時に飲むのが理想と言えます。

レビトラは性行為の1時間前に服用する薬なので、食事の1時間前に服用して効果を発現させてしまえば食事を摂っても問題ありません。

しかし食事をしている間にも、薬効の発現時間は消化されていますから、やはり食事からずらして服用するのが好ましいでしょう。

ED治療薬は保険の適用とならないので、非常に高額となっています。これはジェネリックも同様であり、バイアグラジェネリックでも1錠1,000円くらいします。

レビトラにはジェネリックは存在しないため、1錠1,500円くらいを相場として考えておきましょう。

高額な費用を支払って服用するのですから、効果が少しでも発揮できるように飲み方を工夫したいものです。

どうしても食事をする必要があるなら、食事の量は最小限に抑えておきましょう。

軽食程度に抑えておけば、薬効の減退を最小限に抑えられます。油分が多い食事は効き目を悪くしやすいので、あっさりした食事をおすすめします。

レビトラを服用するタイミングとして好ましいのは、空腹時であり性欲がピークになっているときです。

服用すれば無条件に勃起すると考えている方もいますが、性欲に連動して勃起するしくみなのです。

ほとんど性欲がない、性行為をしたくないという状態で服用しても、勃起力を得ることができません。

性欲を感じた状態ですぐに服用した場合、空腹時なら早ければ15分程度で効果を感じられることもあります。

バイアグラと同じく性行為の1時間前に服用する薬ですが、薬効はより早く発現しやすくなっています。バイアグラだと30分程度で効果が出てくることが多いですが、レビトラはもっと早くなっているのです。

そのため性行為をしたいタイミングに合わせやすく、若者向けのED治療薬とも言えるのです。

油っぽい食事は生活習慣病を促進させますから、食生活では脂肪の摂りすぎに注意してください。

肥満とメタボは特にEDを促進させやすいので、生活習慣を見直して適正体重まで落としていくことが大切となります。

サイトTOPへ戻る