レビトラとお酒・アルコールの関係性

レビトラと一緒にお酒を飲んでも良いのか?アルコールとの関係は?

アルコールとの関係

レビトラとアルコール

レビトラはEDとも言われている勃起障害もしくは勃起不全の症状を抑え、性行為を可能にしてくれる医薬品の一つです。

医薬品の一つと言う理由には、日本国内には世界的にも有名なバイアグラやシアリスなどと同じく、厚生労働省が認可を行っているためであり、これらの医薬品は病院に行く事で処方を受ける事が可能です。

3つの医薬品はそれぞれ有効成分が異なるので薬の作用効果などに違いがあります。

レビトラはオレンジ色の丸い形をした錠剤で主成分は塩酸バルデナフィル水和物になります。水和物などからも、水に溶けやすく3種類のED改善薬の中では最も即効性を期待出来るなどの特徴を持ちます。

一般的には性行為の1時間前に服用した場合、性的興奮を受ける事で勃起状態に導いてくれるのですが、空腹時に服用をするとわずか20分で作用効果を期待出来るなどの理由からも利用したいと考える男性が多いのです。

ちなみに、レビトラには5mg、10mg、20mgの3種類があります。10mgの場合の作用時間は最低5時間程度、20mgは最大10時間程度の作用時間を持ち、作用時間の中で性的な興奮を受けると勃起状態に導いてくれます。

尚、レビトラなどのED改善薬は食事の影響を受けやすいので、なるべく空腹時に服用する事が推奨されています。

但し、食事を軽めに摂るなどの工夫を行えば、薬の作用効果を期待出来るので、病院で処方を受ける時には服用のタイミングや食事の内容などについて確認をしておくと安心です。

EDの症状が起きる原因は精神的な部分もあると言われていますが、血流の流れが悪くなる事や陰茎海綿体を大きく膨らませる機能などが低下しているから起きる場合もあります。

レビトラなどのED改善薬は血流を高める作用や陰茎海綿体を大きく膨らませる作用効果を持っています。

なのでお酒などのアルコールを摂取するとアルコールが薬の作用を邪魔してしまい、十分な効果を期待出来ないケースがあります。

お酒を多く飲むと、正常な男性の場合でも十分な勃起が得られないケースもあります。こうした経験をした男性も多いかと思われますが、大量のアルコールは薬の邪魔をしてしまうので注意が必要です。

尚、医薬品であるため副作用が生じるのが特徴です。主な副作用としては顔のほてりや目の充血、鼻づまり、動悸、頭痛などであり、これらの症状は9割の人に生じると言われています。

そのため、アルコールを摂取した時に、こうした症状が起きやすい人がお酒を摂取すると、副作用が強く出てしまうケースもあるわけです。

サイトTOPへ戻る